折り紙はおじさんが作ったの?

「こうなりましたので」と報告を受けるのが僕の仕事、どうもジムチョーです。

 

子どもたちが怖がらないようにをテーマに色々やってくれます。

 

その代表が折り紙ですね。

 

今日、クリニックに来た女の子にあげると。

 

「これはおじさんが作ったんですか?」と聞かれました。

 

悩んだ。とても悩んだ。

 

「そうだよ、僕が作ったんだよ。」と言いたい。

 

一個も作ったことがないのですが、すごいねって言われたい。

 

そんな気持ちでいっぱいになりました。

 

しかし、心を込めて作ったスタッフが目の前にいる。

 

「僕は一つも作ってないよ」と本当のことを言いました。

 

では、スタッフが作っている折り紙を紹介します。

 

最近増えたのが、これ。

 

折り紙キャラクター,みやこ内科クリニック,主婦活躍 職場,春日井市 内科,春日井市 漢方内科,春日井市 皮膚科,春日井市 かゆみ治療

折り紙で作ったキャラクターの紙風船。

 

どれがいい?って子どもたちに選んでもらっています。

 

元々は、スタッフがこれかなって選んで渡していたみたいですが。

 

子どもたちは選びたいはずと思ったみたいで。

 

選べるように受付のところにぶら下げました。

 

「猫ちゃんがいい。」

 

「ドラえもんがいい。」

 

などなど。

 

思った以上の反響でした。

 

折るのはそれほど難しくはないのですが。

 

顔を描く。

 

「顔が真ん中に寄っちゃった〜。」

 

「偽物感がすごいね。」

 

とか試行錯誤しながら頑張って描いてます。

 

春日井市 内科,折り紙 綺麗,春日井市 小児科,主婦スタッフ 活躍,女性の働き方改革,春日井市 個室 クリニック,春日井市 漢方内科

クリニックに来られた方は知ってますね。

 

大人が「素敵!!」と思わず叫ぶ折り紙のプレゼント。

 

「これはダメ、もったいないでしょ。ママが使うから!!」とお子さんが取り上げられているのを何度も見ました。

 

大人も欲しがる一品となっています。

 

個室内で遊べるようにと。

 

春日井市 内科,折り紙 綺麗,春日井市 小児科,主婦スタッフ 活躍,女性の働き方改革,春日井市 個室 クリニック,春日井市 漢方内科

折ってない、サラの折り紙を渡しているのですが。

 

ここでも工夫が。

 

色の組み合わせですね。

 

ピンクや青などの人気のある色。

 

何色やねんっていう、人気がそうでもない色。

 

偏りがないようにとセットの組み合わせを考えています。

 

特に日曜祝日は待ち時間が長くなったりするので。

 

このセットをお渡ししています。

 

あれこれと工夫をして。

 

お子さんが少しでも怖がらないようにしてくれています。

 

なので、僕は「こうなりました。」といわれたら。

 

「そうなんですね、わかりました」と答えるだけです。