ぎっくり腰でお悩みの方へ

春日井市で痛み外来を行っているみやこ内科クリニックです。

 

ぎっくり腰についてざっくり言うと。

 

・ぎっくり腰は筋肉の痛み

・冷えから起こる

・外と中から温めて痛み止めの効果を高める

ぎっくり腰,春日井市 ぎっくり腰 病院,ぎっくり腰 治療,春日井 ぎっくり腰,腰痛 春日井,春日井 ペインクリニック,春日井市 ぎっくり腰 治療

ぎっくり腰の詳しい解説

背骨がずれているイメージ写真とか使われますが。

 

ぎっくり腰の原因の多くは「腰部の筋肉の筋膜炎」

 

骨がずれているわけではなく。

 

筋肉のこりです。

 

ただ、海外では魔女の一撃と表現されています。

 

そのくらい急激な痛みが走るので動けなくなります。

 

二足歩行の宿命と言えば宿命ですが。

 

同じ姿勢でいたり、冷えたりすることで血流が悪くなり。

 

コリが発生します。

 

内科なのになぜ?って思うかもしれません。

 

これは、私が勤務医時代心臓のカテーテルを毎日同じ姿勢でやっていたら。

 

ピキ。

 

でも、休めないからなんとかしないといけない。

 

と論文や医学書で調べ自分の体で試して腰痛を克服しました。

 

院長の痛み体験はこちら

 

ぎっくり腰の治療法

痛み治療は「痛み止め」と「安静」というのが基本ですが。

 

仕事をしている家事をしているみなさんはそんなに休んでいられない。

 

みやこ内科クリニックに来院されるみなさんがおっしゃることです。

 

私自身も、休めないのでなんとかしたので気持ちはわかります。

 

積極的に治療を行い痛みから解放します。

 

筋膜炎も筋肉痛も治療法は同じ。

 

「痛いところを温める」

 

ここからスタートします。

 

どうして温めるのか?

温めることで血流をよくして、筋肉の回復を助けます。

 

筋肉は冷やすと血流が悪くなります。

 

血流が悪くなると回復が遅くなり治療が進みません。

 

ボクシングの試合中に目が腫れてきたからその部分を冷やす。

 

炎症が起こりすぎているからそれを抑えるために冷やす。

 

これは冷やしますが。

 

腰痛や筋肉痛は温めて筋肉の回復を早める。

 

お風呂に入ると肩こりが和らぐ感じを想像してください。

 

漢方薬と痛み止めを使います

みやこ内科クリニックは体の中と外から温めます。

 

体の外からじんわり温め。

 

漢方薬で体の中から温め、さらに筋肉をほぐします。

 

全身を温め血流をよく、さらに体の中からマッサージをする。

 

イメージとしてはそんな感じです。

 

体を温めた後に、ロキソニンやアセトアミノフェンという痛み止めを服用。

 

一気に痛みを抑えます。

 

ロキソニン→痛み止めの代表。とにかく即効性があります。

 

アセトアミノフェン→胃を荒らさないので、ロキソニンと併用できます。

 

状態によりますが。

 

この治療で早ければ3時間ほどで効果が出てきます。

 

 

痛み止めはいるの?

痛み止め飲むの?

 

と思うかもしれませんが、痛みを早く止める。

 

これも大事なことなんです。

 

痛いのを我慢すると姿勢が悪くなり、腰痛は悪化します。

 

また、痛みを脳が記憶してしまい。

 

これをやると痛いと思ってしまう。

 

この状態になると、なかなか痛みが忘れられなくなってしまいます。

 

そうなる前に痛みを取り除くことが大事です。

 

痛みは我慢していると、治癒が遅くなります。

 

早めに受診して日常に戻りましょう。

 

腰痛予防の腸腰筋のストレッチ方法はこちら

 

姿勢良くかっこよく歩けるように

みやこ内科クリニック

 

※ここに記載してあることについてお問い合わせは受け付けていません

 

 

 

診療日:月曜・火曜・水曜・木曜・金曜・土曜・日曜

診療時間:6時30分~12時(11時30分受付終了)

早朝・日曜日・祝日も診療している春日井市の内科

内科漢方内科アレルギー科痛み外来

みやこ内科クリニック