夏にダイエットしてるけどやせないし、バテてしまう。そんなあなたへ 五苓散(ごれいさん)

夏だから代謝よくなるし、ダイエットをしよう。

 

夏にダイエットをされる方は大変多いです。

 

海やプールに行く機会もありますしね。

 

最近では、娘に嫌がられたくないからとお父さんがダイエット相談することもあります。

 

夏場でよくあるのが。

 

・夏なのに汗をかかない

 

・クーラーでむくんでしまう

 

・水分取ったらトイレが近くなった。それなのにむくんでいる

 

・肩や頭が痛くて痛み止めが手放せない

 

 

夏は汗をかくからむくまないと思うかもしれません。

 

でも、夏場はどうしても喉ごしのいい冷たいものを食べてしまいます。

 

喉ごしのいいものを食べると汗をかかなくなる。

 

外は暑いけど、中はクーラーで冷えている。

 

夏は代謝が悪くなり、むくみやすい環境や条件が多いです。

 

 

夏なのにむくんでしまう。

 

そんな方におすすめなのが、五苓散(ごれいさん)です。

 

五苓散(ごれいさん)はどんな漢方薬?

五苓散に含まれる生薬はこの5種類

 

・沢瀉(タクシャ)

・猪苓(チョレイ)

・蒼朮(ソウジュツ)

・茯苓(ブクリョウ)

・桂皮(ケイヒ)

 

沢瀉(タクシャ)、猪苓(チョレイ)、蒼朮(ソウジュツ)、茯苓(ブクリョウ)

この4種類の生薬の効能は

 

「体の水分バランスを整える」

 

「むくみ」

「トイレが近い」

「汗をかかなくて代謝が悪い」

「日中、仕事場で頭痛や肩こりに悩まされる」

 

これらの症状は東洋医学では水毒(すいどく)と言われています。

 

体内の水分バランスが崩れている状態でのことです。

 

水毒を解消したら、トイレが近くなるんじゃない?

 

水毒を改善して、体内の水分バランスを整えるだけですのでバランスがよくなります。

 

桂皮(ケイヒ)も含まれています。

 

これは、気を鎮める作用があります。

 

肩こりや頭痛のイライラ。

 

ダイエットのストレスも緩和する効果があります。

 

どうやって飲めばいいの?

・接客業の方

「職場が冷えるけど、接客があるとトイレに行けない」

一日二回、朝夕好きな時間に食前食後とか関係なく飲んでいただいて大丈夫です。

トイレの回数は増えずにむくみが解消します。

 

・お腹ぽっこり、仕事上飲む機会が多い

一日二回、飲む前と飲んだ後に五苓散を飲めば二日酔い対策、むくみ対策になります。

 

・授業や研修でクーラーで冷えてむくむ、でもトイレに行けない。

一日二回、朝・昼に飲めば授業に集中できてトイレに行かなくてもむくみが改善します。

 

こんな感じです。

体の水分バランスを整えて落ち着く作用があるので。

 

体がすっきりとして、無駄な水分を出すので体型を整える作用もあります。

 

ダイエットしている方にはいい薬です。

  

本気で解消したい方は、一日三回好きな時間に飲んでいただければ体のバランスがよくなります。

 

五苓散はお薬ですので、一度受診してから飲むようにしてくださいね。

 

※ここに書いてあることへの電話等での質問は受け付けていません。

 

病院の使い方トップへ

 

みやこ内科クリニック