じんましんでお悩みの方へ

じんましんと言えば体中がかゆい。

 

そして体がブツブツになって人の目が気になる。

 

じんましんは発症すると心身ともに疲弊してしまいます。

 

じんましんって、どんな病気か説明します。

 

 

じんましん 春日井市,春日井市 ステロイドなしのアトピー治療,春日井市 アレルギー専門,勝川 じんましん治療

じんましんって何?

じんましんの原因

 

「血管のアレルギー」

 

血管が腫れあがっていくので全身がボコボコとなってかゆみが出ます。

 

夜にお風呂に入ると大変です。

 

血流がよくなって全身がかゆくなり、眠れなくなります。

 

かゆいし、見た目も気にして、さらに眠れなくなる。

 

心身ともに疲労が重なっていくのがじんましんです。

 

どんな治療をするの?

1、アレルギーの薬

2、胃薬

3、漢方薬

 

この3つを併用してじんましんのかゆみをリセットします。

 

1、アレルギーの薬

アレルギーの薬は眠くなりやすいものが多いです。

 

みやこ内科クリニックでは、眠くなりにくいものを使います。

 

防げるものは防いだほうがいいですよね。

 

2、胃薬

胃薬を併用することでかゆみを抑えるアレルギーの薬の効果を上げます。

 

この胃薬は医療機関だけのもので、市販では売られていません。

 

3、漢方薬

こちらは黄連解毒湯(おうれんげどくとう)を使います。

 

黄連解毒湯の詳しい解説はこちら

 

とにかく体を冷やしてくれます。

 

お風呂に入ってからかゆみがぶり返さない。

 

夏場には特に使いやすいです。

 

治りにくいじんましんは夏に治してしまうのがいいです。

 

じんましんでお悩みの方は相談してください。

 

病院の使い方トップへ

 

みやこ内科クリニック

 

※ここに記載してあることへの電話等での問い合わせは受け付けていません