黄砂で「かゆみ」は起こりますか?

黄砂で「かゆみ」をざっくり説明すると。

 

・花粉症じゃないのに顔がかゆい

・春から夏にかけて起こる

・目の周辺は要注意

 

黄砂でかゆい,かゆみ治療 名古屋,顔 かゆみ,花粉症,かゆみ,顔がかゆい,アトピー,乾燥肌

黄砂で起こる「かゆみ」の解説

顔は、スキンケアをしたりと気をつけている方が多いです。

 

顔が他の部分と大きく違うこと。

 

それは、無防備。

 

他の体の部位と違って、服で守られていない。

 

紫外線・花粉・乾燥・汗・排気ガスなど。

 

攻撃を受ける機会がとても多い。

 

できたとして、マスクとメガネくらいです。

 

女性だと化粧をしたり、男性だとひげを剃ったり。

 

無防備だけどいろいろ刺激も加わりやすい。

 

それが「顔」です。

 

春から夏にかけて、攻撃してくるもの。

 

それが「黄砂」です。

 

車のボンネットを見てください

車のボンネット。

 

砂だらけになります。

 

それが空気中にいるわけですから、「顔」にも当然当たっています。

 

そこから「炎症」を起こしてかゆみが起きます。

 

黄砂が原因だってわかるのは?

雨が降って、その後天気が良くなったときに

 

「顔にかゆみ」が出た。

 

それは黄砂が原因である可能性が高いです。

 

黄砂が原因のかゆみ場合はどうすればいいの?

 

基本は相談してください。

 

たまに、乾燥肌だとスキンケアをされる方がいますが。

 

炎症を起こしているので、悪化してしまうことがあります。

 

特に注意してもらいたいのは、目の周辺です。

 

目の周辺に「かゆみ」が出たら要注意。

 

コンタクトレンズを愛用されている方は特に。

 

目は要注意です!!

目がかゆくてこする。

 

これは無意識に行ってしまいますよね。

 

目はこすったらダメな理由。

 

目をこする→コンタクトの上から目薬をさす。

 

これは、細菌性角膜炎を引き起こすリスクを高めてしまいます。

 

細菌性角膜炎とは、コンタクトレンズで傷ついた角膜が白くにごり、目が充血します。

 

完治には数ヶ月かかったり。

 

角膜変性といって、コンタクトレンズが二度と使えなくなることもあります。

 

春から夏にかけて顔のかゆみでお悩みの方。

 

「しょせんかゆみ」と思わず、医療機関に相談してください。

 

かゆみ治療トップへ